自動車ローンが残っている時の査定できる?

車を購入する時は、自動車ローンなどで分割返済を行うケースって多いと思います。

でも実際に5年間のローン返済期間中に新しい車が欲しくなってしまった場合などは、どうすればいいのでしょうか。このようなケースでは、ローンの残債が残っている状況で車の査定や売却って出来るのでしょうか?結論から申し上げますと可能です。ローンが残っている状態で所有している車を売却する手続きについて、クレジット会社や販売店などのローン残債を一括で完済することで所有権の留保を解除すれば車を売却することが可能です。

この所有権については、実際に車購入時に組んだローンやクレジットの名義がご自身の名義であればそのまま売却が可能なのですが、名義人には一般的にクレジット会社や販売店になっているケースが殆どであり、そのためローンの残債を一括返済して名義変更を自分自身にする必要があります。

このようにローン途中で残債がある場合に新しい車への買い替えなどを行いたい婆には、資金が必要となります。また買い替えを行うことを前提に同じクレジット会社から更にローン残債にローンを組むことなどはおすすめできません。そこで、ローン残債がある状態で車を売却したい婆には、大手の自動車買取専門業者を利用することをおすすめします。大手買取専門業者であれば様々な対応方法で買取をサポートしてくれます。

あなたは、車買取専門業者に所有している車の査定を行って売却を決めた場合には、面倒な所有者の名義変更やその他に発生する様々な手続きを代行してくれます。また、残債について、金利のやすい業者への借り換えなどを提案してくれるメースがあります。

このようなケースの買取についてもインタネットサイトなどで調べることが出来ますし、またわからないことに関しては専門のフリーダイヤルを持っている業者もあります。大手買取業者のメリットとしては、ローン残債がある車も売却出来る方法があり、その後の手続きも代行してくれるので手軽に売却をすることができます。

wickedsmartsocial.com / 2015年9月7日 / 中古車売却術